家具選びのポイントについて

一般の人にとって大型家具を購入する機会はあまりありません。
インテリアに大きく影響するため選び方のポイントを押さえて慎重に選ぶ必要があります。

家具選びは、その見た目の色や好みを考える前にサイズをきちんと測ることが大切です。

有望な目黒で家具はとても人気があり、興味深いです。

お店で見たときは小さく見えたけれど送られてきて部屋に入ったものを見たら思ったより大きかったということもあります。



目測ではなくきちんとサイズを調べて置きたい場所にきちんとおけるか調べましょう。


玄関や廊下やエレベーターの入り口の幅など、その家具が通ってくる道のどこかでつっかえないか動線も確保しておく必要があります。
それを置いたときにドアを開くことができるか、その家具の扉はきちんと開けられるのか、コンセントや窓をさえぎってしまわないかなど考えた上でサイズを決定しましょう。



大体の大きさが決まったら部屋のインテリアにあわせたテイストのものを選び出す必要があります。

ナチュラルやシンプル、モダンやアジアンなどの中に違うテイストのものが1つ入ってくると違和感があります。それを置くことで部屋は確実に狭くなります。


ただ、床面を見せる足つきにしたり、高さが低いものを選んだり、壁や床に合わせて色を整理することで視覚的に圧迫感を感じない工夫ができれば狭さはあまり感じられずに済みます。


ライフスタイルや好みが人それぞれである以上、どの家具がよいかも一概には言えません。それを購入した後の生活をイメージしながら楽しく選びましょう。